青汁に関する情報を公開しています。

青汁の表記の基礎知識

d943cf8c8e7594d503d4e57992973beb_s

青汁に使用されている素材には、無農薬や有機栽培といった表記がありますが、似ているようでこの表記の意味は大きく異なります。知っていて欲しいのは、この表記によって選ぶ青汁の栄養価といった部分にも大きく関係を持っているのです。今回は青汁の表記の基礎知識に関して紹介します。

無農薬とは?

無農薬とは、素材になる野菜に農薬を使用していないという意味です。青汁は、基本葉っぱをまるごと絞ってそのエキスを栄養分として飲むことで健康食品として摂取します。故に、その葉っぱのエキスを飲むのと同時に、農薬も付いていると、体に悪影響を及ぼす心配があります。特に、体の中に毎日服用することで、農薬の成分が体内に残る場合や子供、病気を持っている人は、農薬をついている製品は選択しないほうが無難です。知っておいて欲しいのは無農薬の本当の意味になります。無農薬は、農薬を使用していないが、化学肥料は普通に使用しているということです。化学肥料と言うのは、リン酸・カリウムといった成分を化学的に合成して、植物が育ちやすいようにする土壌改良材を言います。この肥料は基本的に、少ない土地でも、多くの作物を収穫するには不可欠なのですが、栄養分が本来のその土地の土壌にない成分を多く投入するために、土の中にいるミミズ等の微生物数が少なくなります。作物を収穫した後に、こうした微生物が少ないと土壌がやせ細ってしまう問題があります。無農薬は使用する素材の野菜に農薬が付いていないという意味です。

有機栽培とは?

有機栽培は、無農薬と大きく異なります。農薬を使用しないという意味では同じですが、土壌に使用する肥料が無農薬と異なります。使用するのは腐葉土や堆肥と言った自然の本来の植物が育つのに必要な栄養分が豊富に入った物を使用して土壌を改良します。また、有機栽培の場合は、一切化学肥料を使用していないのが有機栽培になります。化学肥料を使用してしまった場合は表記が出来ないようになっているのです。有機栽培の場合は、先ほど明記した化学肥料による、土壌のやせ細る心配がなくなります。腐葉土はミミズの大きな栄養分になり、ミミズが育つことによって土壌を更によい状態にします。住んでいる微生物を殺さないことで、土壌に含まれる栄養分が多くなり、野菜収穫後も土地がやせ細らないといった特徴があります。更に、日本の場合は、有機栽培に関する基準が明記されており、専用の認証もあります。認証を受けたものは実際に、審査に受かっている証拠になり、有機栽培の商品を選ぶ目安になります。

有機栽培と無農薬栽培どっちが良いのか?

有機栽培の商品の特徴は基本的に、栄養価が高いといった特徴があります。これは微生物によって多くの生き物が、土壌の中にいて常に新しい栄養分を供給をしているので、一つの野菜に対して多くの有効成分が入るようになるからです。故に、有機栽培の商品が大きな注目を浴びているのはそのためです。しかし、有機栽培のデメリットは撮れる青汁の原材料は無農薬と比べても、少なくなってしまうのが大きな特徴になります。少なくなってしまうので、どうしても上がってしまうのが価格になります。続けるには価格といった大きな要素も必要になってきます。そのため、自分の摂取に合う青汁の野菜を選ぶことが大切になってくるのです。有効成分の濃さと価格を考慮するにあたって大きな要因になります。

まとめ

青汁の表記で無農薬と有機栽培の表記に惑わされる人がいますが、無農薬は農薬を使っていないだけ、有機栽培は農薬以外に肥料に関して自然のものしか使わないといった要素が追加されます。ポイントは栄養価の高さと価格といった部分にこの2つの要因は反映されます。

関連記事