青汁に関する情報を公開しています。

青汁の美味しい飲み方と特徴

ab33bb97e48badffa522aa0f9a12649a_s

青汁には美味しい飲み方が数多くあります。その中の代表選手で、牛乳と豆乳といったものがあります。これらは、風味も違い、それぞれ向いている人が大きく変わります。言ってみれば、どういった人向きなのか、体調の状態に合わせて飲み分けするのが大きなポイントなのです。今回はその特徴と飲み分けのポイントを紹介します。

すっきりからコクのある味まで調整が自由な牛乳

牛乳自体の種類が多くあるため、味の調整が簡単で加えて、飲みやすさ一番が牛乳になります。牛乳の特徴は元々あるクリームの風味があるため、確実に青汁のエグみの苦さを舌の味蕾に残さないようにするため、青汁自体を飲むのが苦痛にならないレベルになります。青汁の苦さを確実に消すといった意味では、牛乳ほど優れているものは無いです。しかも、この牛乳にあう青汁が、本当に苦味があったりする青汁ほどおいしく飲めるので、冷凍青汁で飲みにくいなと感じる人は、牛乳で割るとたいへん飲みやすくなります。おすすめは50%ずつ入れて飲む方法になります。すると、エグみがなくなり飲みやすくなりますし、カルシウムも多く摂取することが可能です。牛乳には、低脂肪乳から濃い風味の商品まで多くありますので、一気飲みが苦手、ごくごく飲みたいという人は、脂肪分が低めのもの、苦味を消すことが優先の人は、基本的に、高脂肪牛乳の商品を飲むことをおすすめします。使う牛乳によって味が大きく異なるので、一つの味で納得できなかったら他の牛乳に変えてもチョイスするだけで飲みやすさは大きく変わります。

健康重視の豆乳

健康を重視やダイエット目的で考える場合は、豆乳がおすすめです。豆乳にはイソフラボンが入っており、肌の質を整える効果が高いこと、また、食物繊維も多く含まれており、青汁単独よりも健康効果が高いのが特徴に成ります。食物繊維のとり過ぎが大きな問題になる場合もありますが、豆乳程度の成分量なら問題が無く飲むことができます。健康状態で問題が出る場合は、食物繊維を含む健康食品を食べた場合に注意が必要です。ですが、豆乳の場合は、健康に害を及ぼすことが無く、青汁にはない健康成分が多く含まれているので、組み合わせて一度に飲むことで、健康の相乗効果を見込むことができます。また注意して欲しいのは選ぶ豆乳の種類で、豆乳でも薄めているものや、人工甘味料が入っている商品もあります。こうした商品を選ぶのは避けるのが基本になります。有効成分が薄い青汁は毎日続けていても健康効果がないので、選ぶ場合は良い物を選ぶようにして下さい。

牛乳と豆乳どっちが良いの?

牛乳にも、豆乳にも大きなそれぞれ利点があります。牛乳の場合は、カルシウムが豊富に含まれているので、骨粗鬆症の改善にぴったりです。また普段から不眠症の症状を持っている人は、牛乳の中に入っているトリプトファンが大きな役割を持ってくれます。トリプトファンは眠気を引き起こす物質としても知られているので、不眠症で悩んでいる人はおすすめしたい飲み物になります。しかし、牛乳の乳糖で下痢をしてしまう人、脂肪分が気になる人は避けたほうが無難です。豆乳は、肌や更年期障害といった問題に直接大きな良い効果を与えます。ですが、婦人科系でホルモン剤を服用している人は、薬剤の影響が大きくなる可能性があるので、服用は避けたほうが無難です。

まとめ

青汁をおいしく飲む方法に、豆乳と牛乳で割るといった方法があります。この方法は青汁にない栄養分を補給してくれるので、相乗効果が見込めます。しかし、体質や病気の有無によっては避けたほうが良い場合もあります。その部分を考慮して、青汁を割ると最強の助っ人になります。

関連記事