青汁に関する情報を公開しています。

青汁の添加物や原材料の選ぶ注意点

e0b577aef4918adaee19c9536f915f74_s

青汁の注意点は、実は青汁の製品自体に多くの原材料以外の成分が含まれている場合や、使用する添加物によっては、病気持ちの人に向かないといった物もあります。今回はそんな添加物や原材料の注意点に関して紹介します。

青汁に使用されている添加物を入れる理由

青汁に添加物を入れる理由は2つあります。一つ目は基本的に、青汁の飲む味を良くするために使用されます。青汁の最大の欠点は苦味があることで、多くの人が青汁を飲むのをやめてしまうことになります。商品の美味しさは、継続購入の大きな要因でもあるので、味を調整して飲みやすさを追求するあまり、添加物を使用することが多いのです。そのため甘味料が多く使用されていることがあります。また、青汁自体の品質を保つために、保存剤を入れている場合があります。また、商品を健康そうに魅せるため、色をつけている場合もあります。着色料を使用している、青汁も存在します。そのため、見た目だけで健康的で、購入し、継続しても望ましい健康効果を得られないといった問題が見られるようになります。そのため、飲む予定の青汁の成分に関して、こういった添加物が入っているかどうかを確認することは非常に大切なのです。

添加物に使用されている甘味料とは?

甘味料に使用されている成分は、人工甘味料と呼ばれているものです。人工甘味料の大きな特徴は、表向きは自然の糖分とは異なって、摂取を行うことで血糖値が上がらないといったことが知られています。また、人工甘味料は砂糖に比べても、少ない量で甘みを感じることが出来ます。そのため、青汁に少ない量で甘みを足すために、使用されているのです。しかし、この人工甘味料は最近の研究で、糖分よりもインスリンを出すことが研究で明らかになっており、糖尿病の症状が酷くなるといった結果が出ています。そのため、糖尿病といった病気や、血液の血糖値が気になる方は、摂取を控えたほうが良いのです。知っておいて欲しいのは、こうした、青汁に含まれている添加物によってその健康効果が半減しているとことです。恐ろしいのは知らない間にこうした症状が起こっている事実になります。健康のために飲んでいる青汁に含まれる添加物によって発生するのです。

青汁に含まれている添加物とは?

青汁に含まれている添加物は甘味料だけでないのが現状です。配色を良く見せるために色素を入れている場合があります。本来の青汁の青色は、青汁が持っている緑色の色素が大きな関係を持っていますが、材料になる野菜が少ない場合は、どうしても健康的な濃い青にはなりません。それを補うために色素を入れて健康的に見せているような形になります。こういった青汁の粉は、実は野菜の食物繊維では無くて、かさ増しの成分が入っており、健康の効果には期待をすることが出来ません。青汁で健康を維持では無くて改善を心がけている場合は、色素が入っている商品を選ぶのは避ける必要が大いにあるのです。知っていて欲しいポイントはこうしたところを気をつけるのが大切なのです。また、色素の成分は化学色素であっても、表記は香料になります。そのため注意が非常に必要なのです。また、香料の場合は、香りを良くするため、飲みやすさのために使用されますが、入れる成分が有害性の成分でも、そうでなくても香料表記で問題が無いことになっています。有害なものなのかわからないまま飲む危険性があるのが香料の添加物なのです。

まとめ

青汁の注意点は実は添加されている添加物が甘味料の場合は糖尿病といった問題が発生するリスクがあります。また色素が使用されている青汁も存在し、香料といった言葉で発がん性の可能性がある成分も知らずに使用され摂取される可能性があるので、添加物には注意が必要なのです。

関連記事