青汁に関する情報を公開しています。

青汁のデメリットとは?

136db1192fc2abf6f4fd6f1ca0879292_s

健康食品の青汁ですが、実はデメリットも有ります。デメリットに該当している人は飲み方や、青汁自体を飲むことをやめる必要があります。健康食品と言っても、飲んでいる人にとって不健康になっては意味がないのです。今回は青汁のデメリットに関して紹介します。

青汁を飲んではいけない人~食物繊維のとり過ぎ~

青汁飲んでいてあまりメリットが無いと考えている方に、健康意識が過剰になっている人がいます。実は、青汁飲んでいて問題がある人に、食物繊維のとり過ぎが大きな問題になっている人がいます。人間の体の食物繊維は体の維持に良いとされていますが、多すぎるのも大きな問題になります。人間の体内に存在している腸が捌き切れないほどの食物繊維を摂取している日常を送っている場合は、腸内が便秘になります。そのため、排便の調子が悪くなるので、健康を意識しているのに、便秘になってしまう人がいるのがそのためです。また、知っておいて欲しいのは、青汁以外に食べている野菜以外にも食物繊維は使用されていますが、特に健康食品には多くの食物繊維が入っています。もし、貴方が青汁以外にも健康食品を摂取している場合は、食物繊維をとり過ぎには注意する必要があるのです。そのためには、食品の裏の表示を見て、自分が摂取している一日あたりの食物繊維の分量を今一度確認し、青汁が適切なのか、調べておく必要があります。

青汁を飲んではいけない人~ワルファリンを飲んでいる人

ワルファリンを飲んでいる人は、青汁は飲むことが出来ません。これは、ワルファリンの薬物の効果を薄める成分が青汁には入っているからです。ワルファリンは血液凝固を防止する薬剤で知られており、心疾患の一種の心筋梗塞や脳梗塞といった重要な臓器の血栓を作らせないために服用している薬剤ですが、この薬剤は葉酸という成分に対して、反応してしまうと本来の薬物の効果を発揮することが出来ません。食事で食べる野菜の分量に対しては問題が無いのですが、青汁は葉酸が豊富に含まれている野菜を搾って出来た汁を結構食品として摂取しているので、ワルファリンを飲んでいる人には残念ながら服用することが出来ません。葉酸は健康上摂取が必要とされていますが、薬剤に対しても多大な影響力を持ちます。飲み合わせが大切なので、注意が必要になります。

青汁を飲むのに注意が必要な人~糖尿病~

糖尿病の人は、青汁を飲むのに注意が必要になります。まずはじめに、青汁自体に人工甘味料があるかどうかを調べて、入っていない商品を飲むべきなのです。人工甘味料は血糖値を下げるインスリンを多く分泌するといった結果から避けるべき甘味料であるので、そうした甘味料が入っている商品を飲んでいる場合は、場合によって糖尿病の症状が悪化してしまうといった自体が起こる可能性があります。次に、知っておいて欲しいのが、糖尿病患者の場合は、青汁を薄めるために使用する、ハチミツやりんごジュース等の甘めの飲み物の摂取制限がある場合があります。特にハチミツは、多く入れてしまいがちになるので注意が必要になります。適切な分量を入れて飲まないと不健康の大きな原因になってしまうので、青汁をおいしく飲む際の工夫を行うには注意が必要になります。自分の健康状態を考慮して、正しく青汁を飲むのが大きなポイントになります。

まとめ

青汁には多くの有効成分が入っており、その有効成分を摂取することでメリットが有りますが、特定の栄養分の過剰な摂取や、薬剤を飲んでいる場合や病気の人は、注意が必要です。健康食品も度を超えたり、摂取の方法を間違えると不健康の大きな原因になりますので注意が必要になります。

関連記事