青汁に関する情報を公開しています。

青汁に使用されている植物とは?

b69d7131242396ef75cc9e239c776bb7_s

多くの人が健康のために飲んでいる青汁ってどういった植物で出来ているのかあまり知っている人がいないのが現状です。実は、青汁は緑色の野菜のエキスを抽出し、緑の色をしていれば青汁の名称をつけることが出来ます。今回はそんな青汁の、野菜の種類と特徴に関して紹介します。

青汁の材料の代表~ケール~

青汁の材料の代表のケールは、元祖青汁の材料であるからこそ、栄養分も豊富なのです。

ケールはアブラナ科の植物です。アブラナ科の代表的な野菜は、キャベツや大根、白菜といった多様な種類が存在しており、日本人にも馴染みのある植物が多いのが特徴です。使用される青汁の部分は大きな葉になります。元々、アブラナ科はビタミンCも多く、栄養分が高いのですが、その中でもケールは他の野菜に比べて非常に栄養分が高いのが特徴になります。実際に、ビタミンAはにんじんの2倍、カルシウムは牛乳の2倍以上あります。他に、ビタミンCや他のミネラルの項目に関しても、バランス良く、高い栄養価を持っているので、ケールが青汁として、飲まれているのはそのためになります。また、葉酸といった、現代人の食生活で摂取量が少なく、摂取の推奨が勧められている、成分も入っており、正に総合的に、栄養分が豊富なのが、ケールの青汁になります。ケールの唯一の欠点は、味が苦手という人が多く、その飲みやすさを追求して他の野菜で、青汁を開発しているのが現状になります。

青汁に使用される野菜~大麦若葉・明日葉~

青汁に使用される野菜は、大麦若葉と明日葉この2つが注目されています。まずは大麦若葉です。大麦若葉は、他の青汁の成分とは違って、幼生の頃の葉を中心に摘んで作られたものになります。幼生の頃の若葉には通常の成分だけでなくて、ビタミンCやミネラルがギュッと詰まっているのが特徴です。大麦若葉は、食物繊維も豊富ですが、水に溶けやすい水溶性が豊富なので、飲みやすいのが特徴になります。体に有害な、活性酸素があっても、酵素の力によって分解する作用もあるので、大変重宝されている野菜なのです。次に使用されている明日葉ですが、明日葉は実はケールに次いで注目されている野菜になります。ケールよりも、飲みやすく、健胃薬の成分に含まれているカルコンが含まれています。胃の調子が悪くなって健康意識を持っている場合は、この明日葉の青汁を飲むと、食物繊維を摂取することが出来て、他の栄養分を摂取することが出来ます。

青汁に使用される野菜~緑茶・ゴーヤ~

最近の青汁の成分で使用している、野菜で人気なのは、緑茶とゴーヤです。緑茶は、非常にビタミンCが高くて大変注目されているのです。飲み物でなくて、緑茶を粉末にして食物繊維やビタミンCを有効に摂取することが出来ます。また他の野菜に比べれば非常に飲みやすく、初心者の人にもおすすめしたい、青汁になります。次に、ゴーヤは皆さんが知っての通り苦いですが、その苦さが健康に対して有効な成分が含まれています。苦味があることで、多くの唾液を出し、食べ物の食べる負担が減ります。カリウムが多めに含まれているのでむくみにも効果的なのです。健康や美容意識が高い女性にとってゴーヤの青汁はそういった意味で重宝されています。

まとめ

青汁に使用されている野菜の種類によって、健康効果が大きく異なります。栄養成分の偏り、食欲不振、むくみといった青汁を摂取する目的になった健康問題に対して、自分にあった物を選ぶのが大きなポイントになります。知っておいて欲しいのは、野菜によって有効成分の割合が異なり、健康状態をより早く改善できる効果がある事実です。健康、問題を解消したいのであれば、野菜に注視する必要があります。

関連記事