青汁に関する情報を公開しています。

青汁と花粉症~アレルギー疾患改善効果~

06dd772f3f824402c06177670a12b46f_s

青汁には、花粉症を含むカレルギーの症状の疾患の改善効果が見込めます。あまり知られていないのですが、こうした効果があるため、花粉症の薬剤が体質に合わない、複数のアレルギーを持っている方にとっては体質改善の効果もあるのでおすすめです。今回は、青汁と花粉症の効果に関して紹介します。

青汁に花粉症効果がある根拠

青汁には花粉症を防ぐ複合的な効果があります。それは、花粉症の原因になる物質の分泌を抑える花粉症の原因になる環境を改善する2つの面があるため、花粉症の症状の改善に繋がるのです。最初の花粉症の原因になるのは、体の免疫の中のIgE抗体になります。このIgEが多いと、大きな問題になるのですが、体に花粉を含むアレルゲンが侵入しIgEが多く放出されると、体が異物が侵入したと判断してこの物質を放出します。青汁には、このIgEを抑える成分が豊富に含まれているため、花粉症に対して効果が高いのです。実際に、マウスの実験で青汁を服用させたマウスは、服用していないマウスよりも、花粉症になりにくかったと言った結果も出ています。次に、花粉症を防ぐ効果があるとして、腸内環境の改善が大きな効果を発揮します。ヨーグルトを食べると花粉症の症状が改善したという方もいるのは腸内の環境が良くなったといった部分があります。腸内環境が悪いと免疫の細胞が育ちにくい環境になるため、免疫力が低下してしまします。そのため、花粉症になりやすくなってしまうのです。青汁はこうした腸内環境も改善する効果を持っているので、花粉症状の改善をすることができます。

花粉症対策に青汁を摂取するポイント

最初に青汁は花粉症の薬剤ではないので、最低でも2週間以上は飲み続けることが大切で、花粉が飛んでいない時点で飲むことが大切になってきます。花粉の症状が起こり始めた時点で即効効果が出るわけではないのです。体内にアレルゲンが入っていない時点で、体の調子を整えるといった意味で、青汁を摂取するのが大切なポイントになります。青汁の摂取のポイントに、青汁を即効性がある薬剤と同じ扱いで摂取しないことが大切なのです。実は、健康効果がある食材でも、摂取して効果が無いとイライラしてしまった場合はその効果が半減以下になってしまいます。ですが、自分の体質が合わないことや続けるのが困難かどうかは花粉症のシーズン前に確認を取ることが大切なのです。シーズン前にやめて、花粉症の症状がひどくなってしまったと言ったことが無いようにするためにも、事前に自分の体質に合うかどうかも含めて、知っておくのが大きなポイントなのです。

青汁花粉症対策のメリット

青汁で花粉症対策をするメリットは2つあります。一つ目は、花粉症以外の健康効果が見込めるといった点です。花粉症の薬剤は花粉症にしか効果がありません。しかし、青汁の場合は、それ以外の健康の症状に対しても大きな効果が見込めます。美肌、糖尿病、高血圧の予防にもなり、便秘も解消されます。そのため、花粉症以外の体の問題を抱えている人がそれも同時に解消できると言った点があります。二つ目は、花粉症の薬剤で出てくる眠気が解消できることです。薬剤を飲まないもしくは弱い薬剤で花粉症を解消できる場合は、花粉症の薬剤の副作用に見舞われることがなくなります。そのため、花粉症の症状を改善することが出来るのです。

まとめ

花粉症は憎き相手ですが、青汁には花粉症の原因になる抗体の産生を抑える作用があり、飲むだけで体質改善効果あります。花粉症時の薬剤の副作用に悩まれている方は、青汁を飲んで症状を緩和することにも大きなメリットが有ります。症状の改善に役立てれば大いに幸いです。

関連記事