青汁に関する情報を公開しています。

青汁とデトックス

efdccda50521680c43c073550435a0df_s

皆さんが多く飲んでいる青汁ですが、実はデトックスの効果が非常に高いパワフル飲料であることはご存知でしょうか?その効果が高いため、最近では若い女性も飲む人が増加しています。今回は青汁がデトックスに向いている理由とその選ぶポイントを中心に紹介します。

そもそもデトックスって何?

デトックスとは体内に有害な成分が溜まることを指します。この体内に溜まる有害物質とは何を指すのか?一部分の理解だけに留まっているのが現状です。デトックスの意味は、体内に溜まっている余分な水分、悪玉菌や食品に含まれている添加物の残留全般を除去することを言います。人間が生命活動で生み出した有害物質だけがデトックスの対象では無いのです。現代人は、加工食品に添加物を使用しているので、そういった物質が体内に溜まりやすい傾向があります。そういった物質を体内から出して本来の体の機能を食品で出すことがデトックスなのです。一般的に知られている意味では、体の中で合成された体に害のある成分を言いますが、実際は体に不必要な物を全般指します。デトックスを行うことで体が本来機能する代謝機能が高まり、体のエネルギーのロスが減少します。デトックスを行うことで疲労の解消や多くの健康的なメリットがあるため、最近活発になってきているのです。

デトックスになると実際に起こる体の長所

デトックスを行うと実際に体に起こる前と起こった後の状態を順に紹介します。デトックスを行う前の場合は、肌に吹き出物や贅肉が気になっていたり、むくみの症状があります。こうした状態の時体の中ではどうなっているのでしょうか?有害物質の、アンモニアや硫化水素が大腸の中でとどまり、水銀やカドミウムと言った重金属が体の中に多く残り、本来の体の機能を邪魔している状態になります。また、血液の流れも悪い状態になっており、リンパ管に多くの水分がある状態になります。ですが、デトックスを行うと、体の中で、老廃物を包み込んで、排出する効果があるので、体の中のアンモニアや硫化水素の量が減少します。その減少によって大腸内が綺麗になります。大腸が綺麗になると、善玉菌が多く増えて体の機能を助ける有効成分が出来るようになります。そのことによって体の代謝機能が良くなるのです。代謝機能が良くなると筋肉が動きやすくなり凝りが解消されます。そのため、リンパ管や血流が非常に良くなります。故に、体の中の残っている老廃物も体の中から外に出す機能が良くなるために健康効果が高くなるのです。よって、体の肌にあるニキビや肌の状態が良くなったり、便秘の解消やむくみの解消にも繋がるのです。

青汁のデトックスで重要な成分と効果

青汁の中でデトックスの効果が高い成分があります。それは、食物繊維、亜鉛、カリウムになります。まずは食物繊維は、大腸の中を綺麗にしたり、血管の中の中性脂肪の量を減少させるといった大きな効果があります。次に、亜鉛ですが、これは体の中にある、酵素の働きの原材料にもなり、骨の合成にも大きく関わる栄養源になります。肌の再生にも大きな効果があるミネラルです。また、カリウムは、体内にある過剰なナトリウムを排出するには必要なミネラルとなっており大切な成分となっています。むくみで悩んでいる人はこの部分の成分をしっかり確認して数値が高い商品を選ぶのがポイントです。この3つをカバーしているのが明日葉が入っている青汁で選ぶ時の参考にすると良いでしょう。

まとめ

青汁を摂取するとデトックス効果が認められ、体内で作られた有害物質や食品の添加物を除去することで本来の体の機能を良くすることが出来ます。食物繊維、亜鉛、カリウムが豊富なものほど効果が高いので選ぶときに参考になれば幸いです。

関連記事