青汁に関する情報を公開しています。

青汁で野菜不足は解消できるのか?

f8aad6b58ffe5dbe79e0614172067bd9_s

野菜不足を補うために、青汁を摂取するのですが、いまいち健康効果が無いという人って聞いたことありませんか?決まって言うのは、野菜不足だから、補うために青汁を飲んでいるということです。青汁には摂取できる栄養分とそうでない栄養分があります。今回は青汁を使用することで、解消できる野菜不足に関して紹介します。

知っておきたい青汁の本当の意味

青汁を飲むことで、野菜不足は解消できますかと質問された時に、解消できると答えられたらそれはまだ、完全な答えでは無いのです。野菜不足を解消するために、一日分の野菜の栄養分を解消できるという意味では間違いで、緑黄色野菜に含まれている野菜不足を解消できるというのであれば正解です。まず、最初の一日分の野菜不足の解消の意味ですが、これは、野菜不足の中でも、緑黄色野菜以外に含まれている成分は青汁では穴埋めすることが出来ないからです。主に、緑黄色野菜以外に該当する野菜名を、淡色野菜と呼びますが、淡色野菜とは、大根、ごぼうと言った野菜類を示します。この淡色系野菜の特徴は、サポニンといった成分が多く入っていることです。アミラーゼといった消化酵素、れんこんにはムチンといった、体の喉の粘膜を保護する栄養分が豊富に含まれているのです。こうした栄養や特定のビタミンは緑黄色野菜ではカバーすることが出来ないので、一日分の野菜をカバーできるというのは大きな間違いないのです。緑黄色野菜の不足分を補うことが出来るといった意味ではこの問題は解消することが出来るので、そういった位置づけなら野菜不足は解消することが出来ます。

青汁が産んだ誤解

青汁が一日分の野菜を解消できるといった誤解が出来たのは、配合する野菜が多種多様に渡っていると、市販されているジュースの表記と自分が飲んでいる青汁が同じふうな扱いで良いと勘違いしていること、また、青汁を飲めば健康になるといったCMから、飲めば全部補えると誤解されるようなイメージを与えてしまったと言ったことが大きな問題になっています。まずは、青汁ですが、緑黄色野菜以外の野菜が入っている場合や果物が入っている場合は栄養価が異なるため、単独の青汁とは栄養分が違います。しかし、青汁といった名称が青い野菜を搾った汁といった定義になっているので、誤解されやすいのです。次に、知っておいて欲しいのは、市販されているジュースが等が健康に意識したキャッチコピーを書いているためその分量の野菜を使用していると自分の飲んでいる商品が同等の栄養価を持っていると考えてしまう人がいます。あくまでもその商品ですので、その商品の栄養価の確認をして思い込みをしないようにするのが大切なのです。青汁はあくまで健康食品であるとともに、不足している栄養分を補う定義にするのが大切なのです。

青汁を飲むなら意識して摂取したい野菜

青汁を飲むなら逆に意識して摂取したい野菜があります。先程紹介した、大根、れんこんといった根菜類です。根菜類は多くのビタミンCを持ち豊富な栄養分を持っています。また、青汁に入れることのない野菜を中心に食べるのも大切なことになります。トマトやナス、きゅうりといった物もその野菜にしか無い栄養分を持っています。青汁でカバーできる部分以外の成分を持っている野菜を食べることで穴埋めを行うことが出来るのです。また、豆乳で薄めていない場合は、豆類を食べるもの大きなポイントになります。

まとめ

青汁を飲むと野菜不足が解消できるといった大きな宣伝やメリットが叫ばれますが、その意味をはき違えて飲み続けると健康にデメリットが出る場合があります。効果がないという人は今一度自分の食べている野菜を見直すのも大切なのです。

関連記事