青汁に関する情報を公開しています。

自家製青汁を作るポイント

91702d0e4dcb30061cffc7e54779706a_s

健康食品である青汁は、自分の家で創りたいという人も多い程人気の健康食品になっています。しかし、その青汁ですが、ポイントを知っておけば、ただ作るよりも多くのメリットがあります。今回はちょっと工夫したい自家製青汁のポイントに関して紹介します。

自家製青汁を作る大きなメリットとは?

自家製の青汁に大きな意味があるというのはどういうことなのでしょうか?自家製で青汁を作る場合の最大のメリットは、材料の素材の良さや栄養分の吸収が非常に良いという点にあります。青汁に使用する野菜は、搾られてから時間が経つことによって劣化をします。その劣化に関して切っても切れないものが酸化酵素になります。まずは、野菜を絞るとその中に入っている、抗酸化物質が酸化をし始めます。酸化を始めると、抗酸化物質の量が著しく減少してしまうのです。そのため、野菜の有効成分が悪くならないようにすることが大切になってきます。飲む直前に絞る青汁の場合はこの抗酸化物質が壊れないといった大きなメリットがあるので、非常に大きなポイントになっているのです。また、野菜に含まれている酵素は壊れやすいので、野菜をジュースにした直後に飲むのが大きなポイントになります。一番酵素が壊れないのが、自家製で作るポイントです。酵素ダイエットの一貫で青汁を飲む場合には自家製が大きなメリットになります。

自家製青汁野菜の選ぶポイント

健康に非常に有効な青汁ですが、自家製の場合は、通販で販売しているような青汁用の野菜は手に入れられないのが現状です。そのため、個別の野菜の栄養価に関しては低めの野菜が多く、普通の通販のものが良いと言われがちです。しかし、スーパーの野菜の中で有名でかつ、青汁の野菜並みに栄養価が高い野菜があります。それはパセリです。パセリというと添え物のイメージが多い人もいますが、実は高栄養価の野菜になります。加えて、他の小松菜のようなエグみがあまりなくビタミンCが豊富なのが特徴になります。購入が大変な場合は、実際に鉢植えにして育てると成長が早く、利便性が高いのも特徴です。また、他に売っている野菜で栄養価が高いものに、かいわれ大根等のスプライトもおすすめです。芽の部分なので、ビタミンCが多く安価といったメリットがあります。青汁を毎日作るということは安価であるのも大きなポイントになります。他にもクレソンラディッシュ等の野菜も青汁に向いている野菜です。

自作青汁のその他のメリット

自作青汁のメリットは栄養だけでは無いのです。自作なので、味やのどごしだって自由なんです。また、自分のライフスタイルにあわせて、ぴったりなチョイスを選べるのも自作青汁の大きなポイントになります。ぴったりなチョイスのポイントに、ランニングをした後やちょっとした食事代わりにバナナを入れるのも良し、甘くなくて飲みにくい場合は、ハチミツを入れても問題はなく自由です。また、選ぶ野菜を日毎に変えても問題は無いのが、自作の良い部分になります。好きな味を自分の好みでチョイスして楽しむ、これが自家製青汁の醍醐味です。最初の作り方は、インターネットで検索して、その後自分なりに工夫をするといった形にすると、自作も手軽にマスターすることが出来ます。

まとめ

自家製青汁は、抗酸化物質が壊れにくく、酵素が壊れないといった大きなメリットがあります。加えて非常に大きなポイントは、味やのどごし、飲みやすさといった部分でも自由にカスタマイズ出来ることです。

関連記事