青汁に関する情報を公開しています。

青汁の適量

e5db989a41738c3e21ca7461eed8aaa1_s

青汁には効果を上げる適量があります。実は飲み過ぎても効果が無いのが青汁なのですが、適量は商品によって大きく異なります。どうしてそういった部分でばらつきがあるのか?飲み過ぎるとどうして害なのかに関して紹介します。

青汁を摂取しても効果が無いわけ

青汁を摂取しても効果がない理由に、人間の体の機能が大きな関係を持っています。実は、人間の体の中で腸の栄養分が吸収できる栄養のキャパシティは決まっています。一定量の栄養分が流れたとしたら吸収できる栄養分の量しか吸収できない現実があります。つまり、健康になりたいからといって、多くの栄養分を摂取したとしても、無駄になってしまうのです。青汁を摂取して健康効果が望めるのは、あくまでその体が不足している分だけのみであり、摂取量に関しては、守るべきなのです。人間の体の機能を損なうほどの栄養分の摂取は、かえって体の機能を壊す原因にもなり得ます。青汁の一日の摂取量が書いてあるのはこうした意味があるので、何杯も飲めばより健康になれるといった事実は大きな間違いなのです。他の健康食品と一緒に摂取しても、摂取した割に効果が無いというのはこうした理由で、体の機能以上の物を摂取しているからです。

青汁の摂取の量が商品によって違う理由

青汁の摂取量は商品ごとに違いますが、その理由を知らずに切り替えて飲み始めて、効果が下がったという人がいます。その場合は成分が少ない場合もありますが、成分が多すぎる場合もあります。どうして、青汁の摂取の量が商品ごとに違うのか、それは使用されている素材が違うからです。青汁に使用される青い野菜は、緑黄色野菜であれば、青汁に該当します。その野菜ごとに、含まれている健康成分の量が異なるので、商品によって摂取量が異なるのです。摂取量が異なるということは、実は製法によっても大きな関係を持っています。製法が違うということは、その過程によってロスする栄養分も大きく異なります。同じ栄養分の素材を青汁に加工した場合でも、成分量が大きく異なるのです。つまり、青汁を摂取する場合は、製法も確認した上で、商品を買い換えるのが理想なのです。もし、栄養分の量に気を配るのであれば、作られた製法も気にすべきポイントなのです。

青汁の適量と健康への注意点

青汁とダブりやすい成分として、注意したいのがβカロチンやビタミンAと言った成分、食物繊維になります。この成分は健康食品に多く含まれていることが多く、商品の摂取が激しいと健康に影響を及ぼす成分になります。そのため、適量であるのが望ましいので、他の健康食品を摂取している場合は、自分の飲んでいる健康食品との合算が何よりも大切なポイントになります。つまり、サプリメント等を飲んでいる場合はこの成分を注意して見るようにするのが大切なのです。また、緑茶系の成分が入っている青汁を飲んでいる場合は、基本的に、カフェインの影響を考える必要があります。カフェインは偏頭痛薬やドリンク等にも含まれている成分です。過剰に摂取すると脳内血管を狭めるのでそういった症状も悪化する可能性があります。また、青汁を色々組み合わせて飲むことで、野菜の摂取量にしてしまう人がいますが、あくまで補助食品です。生野菜しか摂取できない有効成分もあるので、実際に野菜で摂取できない部分を補う認識が大切なのです。

まとめ

青汁を摂取してイマイチ健康効果がでない理由は、摂取のし過ぎといった問題があります。人間の体は、本来一定の量だけしか栄養分を摂取し、吸収することが出来ないのです。その事実を知らないで摂取のし過ぎでは、健康効果が出ないばかりか、かえって害する場合もあります。他に摂取しているサプリメントの併用や青汁だけで健康効果があると勘違いしない心構えが大切です。

関連記事