青汁に関する情報を公開しています。

青汁の目的別の飲み方

ef5c87dcf3e05c7e13ca76de0207f9f2_s

青汁の健康効果は非常に高いのですが、場合によっては、飲み分けをするとよりその健康効果を見出すことが出来ます。今回は場面によって飲み分けるタイミングのポイントを中心に、出したい効果別青汁の飲むタイミングを紹介します。

青汁の不眠解消・栄養補給の目的の飲み方

不眠解消や栄養補給の目的であれば、一番飲んで欲しいのは、朝です。朝飲むとどうして効果が高いのか?それは体内時計と体の寝起きのエネルギーが大きな関係を持っています。体内時計が一番関係しているのは、実は朝の朝食の時間なんです。日光という要因だけで体内時計は整っているわけではなくて、実は、食事をすることによって、雨や曇りの日でも大体の体内時計のズレを解消しています。もし、この効果がなかったら梅雨時期の人間の体内時計がずれてしまうことになります。食事はそれだけ体内時計の維持に直結しているのです。ですが、今回の体内時計の一番のポイントは、一定の時間になるとリセットする機能になります。食事を摂取する前に青汁を飲むことで修正が出来るのです。栄養補給の面では、一日寝ている間も心臓は動いているので大量のエネルギーを使用しています。そのため朝起きた時に栄養補給として飲むのが効果的なのです。しかし、冷たいのは体がビックリし、体温が急激に下がって体には良くありません。常温で作ったものを飲むようにして下さい。

青汁のダイエット目的の飲み方

青汁をダイエット目的で飲むなら、一番は食事前に飲むことです。特に夕食がおすすめになります。実は、人間の体の中で一番太りやすいのが夜ですが、人間が一番食事でこってりなものを食べてしまうのが夜の時間帯なのです。晩ごはんに油物を食べる習慣が付いている方は要注意で、無意識に多く摂取することが癖になっているため、太りやすい状態になっています。ダイエットの要は食事制限にあると言っても過言ではないのですが、最初の時点から油物を控えるのは大変という人も多いのが現実です。こうした方にとってぴったりなのは、油物を食べたくならないようにお腹が満腹になれば必然と満足して、食べる分量が減少します。そのため、ダイエット効果があるのです。作る青汁も単独でなくて、バナナやヨーグルトといった食べごたえのあるもので食べるのが基本になります。基本そういった物を食べて満足感を得ること、食べてから最低1時間は空けるのが基本です。食べる食材のかさ増しには大変効果がある青汁の飲み方になります。

青汁の飲み方便秘対策

便秘対策の場合は、就寝前に飲むのが基本ですが、飲む種類の青汁と飲むタイミングを知っておくのがポイントになります。飲む種類で一番なのはトリプトファンが多い、牛乳割りで、ケールを使用した物がベストになります。これは、眠りを増やすアミノ酸が多く含まれており、加えてケールにはメラトニンという睡眠に関わる物質が多く入っています。しかし、食物繊維が入っているので、腸が動き寝れない人も多くいます。そのため、おすすめしたいのは飲む時間を就寝の1時間前にすることです。1時間前にすると、腸が動くといった問題を解消することが出来ます。また有効成分も血液中に吸収されるようになるので、睡眠の質が格段に上がるといった特徴があります。栄養分を確実に吸収させて、睡眠の邪魔にならない方法でメリットのみを活かすことができます。ケールを選ぶのも大きなポイントになるので、材料の部分はしっかり考慮することが大切なのです。

まとめ

青汁は飲むタイミングによっても大きなメリットを得ることができます。飲むタイミングや素材に気を配るだけで大きな効果を得ることが出来ます。

関連記事