青汁に関する情報を公開しています。

青汁と美肌

bb5fcf554b531d6f6041156fae09a94a_s

多くの人が肌荒れに悩んでいますが、そんな人にこそ薦めたいのが美肌対策の青汁です。青汁には豊富なビタミンが多く含まれており、健康の効果も高く、肌も綺麗になるメリットが多くあるのです。今回は青汁と美肌の関係に関して紹介します。

青汁と美肌に関わる栄養分~ビタミンC~

青汁の中に含まれているビタミンの中でも、肌に最も効果的な作用を持っているのが皆さんご存知のビタミンCになります。ビタミンCの特徴に、肌の抗酸化作用と肌の細胞層の再生があります。肌の中で細胞に炎症を起こすとされているのが、活性酸素になります。活性酸素の恐ろしい部分は、活性酸素が正常な細胞の中のDNAを傷つけてしまうことなのです。そのため、肌の細胞数が減少するので、きめが荒くなります。また、肌の炎症の中で厄介なのは、肌の細胞の再生力が衰えてしまうことなのです。肌の細胞は、老化によって肌の細胞が作られる数が減少します。20代以降は衰えてしまうので、その細胞の分裂の速度を多くして肌の状態を整えるのが、ビタミンCの大きな役割になるのです。青汁には、一杯で一日分のビタミンCを摂取することが可能な商品があり、美肌効果の高いもので割れば、更なる健康効果やビタミンCの機能を回復するという相乗効果を見込むことができます。青汁で美肌を心がけたい場合、まずはビタミンCは切っても切れないものなのです。

青汁と美肌に関わる栄養分~ビタミンE~

青汁に入っているビタミンで日々の生活で中々摂取が難しいけれど、重要な美肌のビタミンにビタミンEがあります。ビタミンEの特徴に、血行促進効果とコラーゲン生成に関わる効果があります。ビタミンEは偏頭痛にも効果があるほど、体の毛細血管の筋肉の凝りを解消して、血流を良くさせる効果があります。肌の細胞がきめ細かで綺麗になるためには、肌の細胞に多くの栄養分がある状態にしなければいけないのです。しかし、肌の細胞の栄養分を豊富にするには、毛細血管が狭いとどんなに栄養を摂取しても効率が大変悪くなります。ビタミンEは、この血管径を広げることで、多くの栄養分を肌の細胞隅々に届けることができます。正に、他の栄養分の多くの細胞に届ける土台を作ってくれるのがビタミンEになるのです。次に、ビタミンEはコラーゲンの生成を活性化してくれます。コラーゲンは、肌の組織の一番土台になる部分で、不足すると肌の大ジワの原因にもなり、老化の原因になります。不足しないで摂取することは肌の一番深い部分にも作用するので、美肌効果が高くなります。

青汁と美肌に関わる栄養分~ビタミンA~

ビタミンAはにんじんに多く含まれている成分ですが、美肌には欠かせない栄養分となっています。それは、ビタミンA自体に粘膜や天然の肌の保湿能力があるからです。粘膜の効果というのは、肌の外にいる雑菌の繁殖を防ぐ効果があります。ニキビや肌荒れに悩んでいる場合は、肌の正常なバリア機能が働いてないために起こると考えても良いのですが、ビタミンAはそのバリア機能を持っているので、肌のこうした炎症に効果があるのです。正常な組織を維持するには肌の外部の炎症因子を減らす必要があります。故に、肌の炎症を防ぐには、ビタミンAが必要になります。また、冬期や春は乾燥しがちになりますが、その乾燥を守ってくるのもビタミンAになります。

まとめ

青汁には、ビタミンC、E、Aといったそれぞれ肌の機能の向上や肌の外部の炎症を防ぐ効果がある物質が豊富に含まれています。そのため、肌の状態を整えるには、手軽に摂取できる青汁を毎日飲むことが美肌に繋がるのです。

関連記事