青汁に関する情報を公開しています。

青汁と生理痛

4a2c980501f0cb70723afed63fe27210_s

青汁と生理痛には大きな関係があります。しかし、青汁を飲むことで生理痛が解消できるということはあまり知られていないのです。痛みが取れなくても、生理痛になる要因を解消できることは、あまり認知されていないのです。体質改善目的で、生理痛の根治を目指す、青汁の効果に関して紹介します。

生理痛が起こる原因って何?

まずはじめに、生理痛が起こる原因を今一度復習してみましょう。生理痛が発生する大きな要因は、血液の質の変化に関係しています。血液の質の変化によって、女性は生理痛を引き起こしているのです。実は、同じ哺乳動物でも、生理痛が無い、もしくは人間ほど酷くないといいます。哺乳動物でも、草食動物は全く無く、肉食動物でも人間ほどは酷くないのです。その理由は食べ物が大きな関係を持っています。草食動物の場合は、動物性の脂質を摂取しないので、生理痛が発生しないのです。血液の質を悪くする要因が無いからです。肉食動物の場合は、人間が好んで摂取するカフェインを摂取しないため、血液の血管の幅を狭めるようなことが無いので、子宮周辺の筋肉が過剰に萎縮しないので生理痛が悪化するといった問題が起こらないといった特徴があります。生理痛の原因は、食生活による血液の質の悪化と、血管の幅に関係があって発生していたのです。

青汁がなんで生理痛の解消に効果があるのか?

青汁には、2つの側面で生理痛の痛みを軽減する効果があります。それは、血液中の脂肪酸の量を減少する効果があり、加えて血管の幅を広げるといった特徴があるからです。2つの生理痛になる原因を、根本から含んでいるミネラルで軽減するといった特徴があるからです。最初の脂肪酸を減らす効果に直結しているのが、食物繊維になります。食物繊維が入ると、脂肪酸の吸収を軽減する効果があり、摂取をしているだけで血液の質が良くなります。粘性がない血液になるとその分、血行が良くなり、下半身が温まりやすくなります。また、経血の排出もスムーズにいく様になります。続いて、ミネラルやビタミンの中で血管の幅に直結しているのは、ビタミンEとマグネシウムになります。この2つは基本的に、血管の幅を広くする血管の筋肉の幅を広げるといった部分で大きな効果があります。血行を悪くする原因を血液の質と、血管から両方のアプローチで解消できるのが、青汁なのです。

青汁の生理痛解消の為の注意点

青汁を飲んでいる場合は注意して欲しいのは、即効性がそこまで無いといった事実です。飲めばすぐ解消できるものではなくて、飲んで体質を改善して、生理痛をなくすといったことが目的になります。生理痛に対して青汁の効果が実感できるのには、少なくとも2ヶ月は考えるようにしてください。また飲むことによって、食生活が以前よりも悪化してしまうと飲んでしまっても意味がなくなってしまいます。そのため、食生活を改善しつつ、飲むのが効果的になります。他の野菜で青汁並みの栄養分を摂取するには大変で、毎日続けることが困難です。効果が薄いなと思ったら、他の食材で挑戦するのではなくて、青汁を他の製品で割るといったことがおすすめです。青汁の場合は豆乳が効果的になります。しかし、冷たいと体が冷えてしまうので、青汁を飲む場合は基本常温で摂取するのがポイントになります。

まとめ

青汁は生理痛において大きな効果を発揮します。血流に関わる、血管の幅と血液の両方を改善する効果があるためです。しかし、青汁は即効性があるのではなくて最低2ヶ月は時間を要します。ですが、体の根本の状態を良くして生理痛を軽減する効果が高いのが特徴です。効果が薄い場合は、豆乳で飲むのが効果的です。

関連記事