青汁に関する情報を公開しています。

青汁と妊婦

693508274a78094d448b31cb456885bd_s

女性が妊娠をした場合は、赤ちゃんを育てるために、豊富な栄養分が必要になります。青汁は不足しがちな栄養分を補うために非常に大きなメリットがあります。しかし、注意して欲しいのは、青汁といってもどういった商品を選んだら良いのか迷う人も少なくありません。今回は青汁を選ぶポイントと、メリットに関して紹介します。

青汁で摂取できる栄養分

妊娠の時に注意したいのは、青汁によって摂取できる栄養分がどういった物なのか?摂取することによってどういったメリットがあるのか?ということです。青汁の摂取によって、妊婦が受けるメリットのある栄養分は、食物繊維、葉酸、ビタミンAになります。食物繊維は、妊娠の時に母体の高血圧や糖尿病の防止になる栄養分になります。女性は赤ちゃんを妊娠すると羊水が増え、赤ちゃんに供給する血液の関係上体内保水量が一気に増えます。そのため、高血圧や糖尿病になる人もいます。ですが食物繊維は、体内に入った糖分の吸収を抑えるために高血圧の防止になるのです。次に、葉酸、これは赤ちゃんの発育に必要な栄養分で、女性が妊娠すると多くの摂取が必要ですが一日の食生活では摂取が出来ないとされているので、青汁で十分量摂取することができます。最後にビタミンAです。ビタミンAは赤ちゃんの発育、特に目の部分に必要な栄養分になります。肌の抗酸化作用もあるのですが、妊娠すると不足がちになることで知られています。

青汁選びのポイント

上のポイントを踏まえると、青汁ってなんでも良いから飲んだら良いのかと思う人もいますが実はそれは大きな間違いです。青汁は摂取をすることで、健康を維持することは出来ますが、余計な成分が入っているとその十分な効果を得ることが出来ないのです。青汁の中でも、妊娠中に選んではいけないポイントを紹介します。最初に、食品添加物が入っている商品、人工甘味料に入っている商品です。いずれも多く摂取すると、生まれた赤ちゃんの肥満になる確率が上がったりすることが知られています。毎日飲むものなので避けるべきポイントなのです。次に、青汁の中で注意したいのがカフェイン入りの商品です。緑茶を使っている青汁はカフェインがどうしても入ってしまう商品になります。また豆乳で割る場合も医師に相談するほうが無難で、イソフラボンが入っているため女性ホルモンのバランスが乱れやすくなります。青汁の中でも、野菜の選択には十分注意を払って下さい。最後に、妊娠している場合でも服用が可能か確認した上で商品を購入するのがポイントになります。

青汁の飲む時間帯や服用のペース

飲む時間帯は、妊婦さんが飲みたい時に飲むのが基本ですが、体内の水分量が急激に増える一気飲みは避けたほうが無難です。少しずつの量をゆっくり飲むのが一番進めたい方法になります。また、おすすめしたいのはりんごジュースや野菜ジュースで割ったものになります。牛乳の場合は脂肪分が心配な人は避けたほうが無難です。野菜ジュースやりんごジュースの場合は100%を使用して、割るだけで、青汁に入っていない有効成分を吸収することが出来ます。服用のペースに関しては所定のペースを守るのが基本です。赤ちゃんがいると言って過剰にサプリメント等に頼る人が激増していますが、摂り過ぎも良くありません。正しい分量を目安に服用することが何よりも大切になってきます。

まとめ

青汁は万能の健康食品であり、非常に大きなメリットを与えてくれる食品になります。しかし、摂り過ぎたり、薄めるジュースに不純物が入っている場合は、健康の効果も半減してしまいます。正しく摂取することが大切なのです。

関連記事