青汁に関する情報を公開しています。

青汁と割ったら美味しいもの

c5b53ba49f2052ae2ba9f650d814af40_s

青汁をとても美味しく飲むには、何で割ったら良いのか迷っているという人が意外に多いのです。定番のものでなくても、組み合わせれば美味しいものはたくさんあります。

今回は知っておきたい、青汁で割ったら美味しいものを紹介します。

青汁に入れたら美味しいもの~バナナ~

青汁に入れたら美味しいものの果物にりんごという人がいますが、食感がドロッとしていても問題なく、甘みにこだわりを持つなら、間違いなくバナナが一番相性が良いのです。バナナの濃厚なこってりとした甘さは、青汁に使用されている野菜の苦味の部分を改善してくれる大きな役割を持っています。また、バナナを使用すると、ご飯やパンよりも低いカロリーで、マグネシウムやカリウムを簡単に摂取することができます。マグネシウムは女性が偏頭痛になっている脳の血管の萎縮を改善する効果を持っています。脳の血管の萎縮によって酸欠があると偏頭痛の原因になりますが、酸欠を解消することで頭痛になりにくくなります。カリウムの大きな特徴はむくみの解消になります。むくみの原因は多くのナトリウムが大きな原因になりますが、それを外に出す効果があるのがカリウムです。また、このバナナを入れると、ランニングをした後の水分補給の後に食べる栄養補給ドリンクとして最高なのです。水分を摂らないと脱水症状になりますが、ゆっくり飲めて空腹を癒やすことができます。また、不眠症で悩んでいる人にもおすすめで、トリプトファンも多く含まれているのが特徴になります。

青汁で割ったら美味しいもの~トマトジュース~

トマトジュースもあまり合わないと勘違いしがちですが、実はトマトの果汁の甘さが以外にも苦味をカバーしてくれるのです。甘めのトマトジュースでは無くて、本格果実100%のものになると飲みごたえも良いのが特徴になります、他の野菜ジュースでは、青汁の苦味の改善にはつながらないことが多いのですが、トマト単独ですと、その苦さを消す効果が非常に高いのが特徴になります。トマトジュースの場合はビタミンAやリコピンが多く含まれているため、肌の艶の状態が非常によくなります。肌の健康や抗紫外線対策を考えている人にはうってつけの食材になります。使用するトマトジュースの品質によっては、味が大きく変わるので、あわないという方はまずはトマトジュースを変えてみるのも一つの方法になります。トマトジュースは、青汁の本来のエグみを消しつつ、より肌のきめといった美白効果に特化している部分が特徴の食材になります。

青汁を割ったら美味しいもの~ヨーグルト~

青汁を割ったら美味しいものに、ヨーグルトがあります。ヨーグルトは、まろやかで甘みがあって美味しいのが大きな特徴になります。酸味があるので比較的飲みやすいのが特徴になります。ヨーグルトも甘みは入っているものよりも、乳酸菌と牛乳のみの商品を選ぶことが大切です。しかし、最近は発酵に使用する乳酸菌の質が向上して、ヨーグルトだけでも十分美味しく食べることが出来ます。そのようなヨーグルトを使用するのがおすすめです。味がまろやかですが、牛乳ほどさっぱりしていないので、シェイクを飲む感覚で頂くことができます。また、ヨーグルトの量を調整すれば、味に慣れない時もおいしく食べることが出来ます。割合の変化によって味が大きく変わるので、自分にあった味を探すのがポイントになります。

まとめ

青汁は健康食品として知られていますが、その味が合わないという人はかなり多く、続けることが困難と考えてしまう人が多いのが現状です。今回の3つは意外に知られていない組み合わせなので、試していない人は試すことをおすすめします

関連記事