青汁に関する情報を公開しています。

青汁と冷え性

5f4d377d4b3b948b7fa6b60bcac5a2dd_s

冷え性の解消には、青汁が効果的なのです。効果がないという人もいますが、それは大きな間違いで、正しい飲み方を知らない人が良いメリットを受けることが出来ていないのです。今回はそんな青汁と冷え性の関係に関して紹介します。

冷え性の原因

冷え性になる原因の一つに体全体の血流の悪化の問題があります。冷え性の根幹の原因は、体の基礎代謝の低下によって、熱が発生できていないと言った部分と、体の中心部の熱が体内の末端にまで届かないといった問題があります。基礎代謝の低下による問題は、体の熱を作る脂肪やアミノ酸の代謝関係に繋がる部分において、十分な栄養分が無い場合は、代謝がされないでエネルギーが発生しにくい問題があります。そのため、十分な代謝に関わる栄養分が必要なのです。加えて、血流の悪化は、血管の幅が狭くなることによって、発生し、体の内部の熱が末端に行かないといった問題が冷え性の原因になります。冷え性の厄介な部分は、体の末端に血液が行きにくくなると、代謝を司る部位の筋肉が凝り固まってしまい、より代謝がしにくくなるといった環境になってしまうことなのです。代謝を司る環境を整えるには、血流を良くするだけでも大きな改善効果を見込むことが出来ますが、それをしても内部で作られる熱が少なければ、意味がないのです。青汁には、この冷え性を解消するために必要な、栄養分が豊富に含まれており、血流を良くするビタミンとミネラル、代謝を良くする効果も多くあります。青汁を飲むことで冷え性が解消できるのはそのためなのです。

冷え性を解消するビタミン・ミネラル

冷え性を解消するビタミンとミネラルですが、最初に熱の生成に関わるビタミンを紹介します。それはビタミンB群になります。ビタミンBは滋養強壮の栄養剤に含まれていますが、エネルギーを作る代謝の部分に作用して、冷え性の解消につなげることが出来ます。つまり、エネルギーを作る時に同時に人間の体では熱を発生します。そのため、この代謝に関わるビタミンを摂取することで、体の中の熱生成の部位に大きな働きを担うことが出来るので、冷え性を解消することが出来るのです。次に、冷え性を解消するに不可欠なのが血管の幅を広げることです。末端の部位まで血流が良くなることで、冷え性の根幹的な問題を解消することが出来ます。末端の部位まで、血流を良くするにはビタミンEとマグネシウムが大きな関係を持っています。ビタミンEは血管の平滑筋を柔軟にする効果があり、加えて血管や組織の酸化を防ぐ効果があるビタミンになります。マグネシウムは血管周辺の組織を柔らかくする効果があるので、血流が良くなるのです。そのため、冷え性を解消することが出来るのです。

青汁を冷え性解消で飲む場合の注意点

青汁を冷え性の解消の目的で飲む場合には注意点があります。それは、冷え性になる人は決まって、冷たい温度で飲んでいる人が多いのです。健康のイメージから冷たい青汁が健康効果があると思っている人がいるのですが、それは大きな間違いになります。冷え性になっている人は室温がベストで、体の冷えてしまった分をまた熱生成によって元に戻すロス分を減らす必要があるので、冷え性の人は冷たいもので飲むのはNGです。また、温かいものは、基本的に有効成分が壊れてしまうので、これもおすすめできないのです。

まとめ

青汁は非常に高い健康効果がありますが、実際に注意して欲しいのは、飲み方や飲む温度が大きなポイントになってきます。青汁自体には、豊富な栄養素があり冷え性の原因になっている2つの問題を解消できる効果があります。ですから、効果がない人は飲み方を改善する必要が大いにあるのです。

関連記事