青汁に関する情報を公開しています。

青汁と偏頭痛

4b18de25720e76cbd259ff6025cda2bd_s

青汁には、多くの健康効果がありますが、女性が悩んでいる慢性的偏頭痛に実は青汁が効果的なのです。青汁を飲むとどうして偏頭痛に効果があるのか、青汁の成分とともに偏頭痛に効果がある理由を紹介します。

そもそも偏頭痛ってなんでなるのか?

偏頭痛の原因は多くありますが、脳腫瘍や脳血管障害と言った体内の血管や血流の障害以外の症例でなんでなるのかを紹介します。最初に、偏頭痛になる原因は、血流が過度に減少してしまって、本来の脳に十分な血液が行っていないといった問題があります。つまり、脳や脳の機能を司っている部分の組織に十分な血液が行っていないのが偏頭痛の原因なのです。偏頭痛がなる原因で多いのがストレスです。ストレスと言っても多くの種類があり、自然から受ける生理的なストレス、仕事や人間関係におけるストレスといった問題があります。そのストレスによって、脳に行き渡る血管や、血管が極端に狭くなってしまうようなことが起こると、偏頭痛になってしまうのです。偏頭痛は、脳の血液不足を補うために、無理やり脳の中にある毛細血管が通常の幅よりも広くなってしまうがために起こってしまいます。この頭痛により、脳の慢性的な血流不足が起こってしまうのです。血液の不足を解消するには、こうした偏頭痛になる脳やその周辺の血流自体を改善する必要があります。

青汁が偏頭痛に効果がある理由

青汁には毛細血管を拡げたり、血管の平滑筋自体を柔らかくするビタミンやミネラルが豊富で、血液の粘性を上げている物質を減少させる効果があります。幅も広くなり、血液の流れが良くなるので、偏頭痛が解消されるのはそのためなのです。では具体的に説明をしてきます。最初に偏頭痛がある場合は、血管の中で毛細血管が拡張するために必要なビタミンが、ビタミンEす。ビタミンEは血管平滑筋を動きやすく、柔軟性を高める効果があるので、血管の幅が広くなるのです。次に青汁に含まれているマグネシウムは、血管の幅を広くする効果があるのです。つまり、血管の収縮をするカルシウムの働きが強くなりすぎると慢性的に血管の幅が狭くなります。こうした問題を解消するのがマグネシウムで、血管の幅を広くすることが出来るのです。青汁が偏頭痛に効果があるのが、この2つの影響が大きいのですが、食物繊維があることで、血管の粘性を上げている中性脂肪や糖分を下げる効果があるので、血液がさらさらになり毛細血管の流れる血液の量が多くなるので、偏頭痛が解消されるのです。

青汁を偏頭痛の際、飲む場合の注意点

最初に、即効性があるわけでは無いので、体質改善の目的で飲むのが基本です。一日の適量はしっかり守るのが大きな基本になります。次に、知っておいて欲しいのは、青汁を飲む場合の野菜の種類です。一番偏頭痛におすすめしたいのはケールや大麦若葉です。これらは豊富なビタミンEやマグネシウムが多く含まれている野菜になるので、偏頭痛の場合にはこの野菜を選ぶのが大きなポイントになります。次に知っておいて欲しいのは、偏頭痛になると、冷たいものを飲みがちですが、冷たいと体が冷えるので血流が悪くなりがちです。そのため、常温の物を飲むのが偏頭痛の対策には効果的なのです。この点を注意すれば偏頭痛の解消に大変役に立ちます。

まとめ

偏頭痛になった場合に効果的なのは、青汁で、偏頭痛の原因になっている、血管の幅が狭くなっている問題や血管平滑筋の作用に関して、解消することができます。偏頭痛を解消するためにおすすめしたいのはケールや大麦若葉の成分が入った青汁なのです。また常温で飲むことも大切なポイントになります。

関連記事