青汁に関する情報を公開しています。

青汁と不眠症

9145a137f998c6c8f11f20e28afefda4_s

青汁は、不眠症には大変効果があります。意外に知られていないのですが、不眠症に有効な成分が入っています。それを毎日飲むことで不眠症の改善が期待できるのです。故に、不眠症の場合で薬で飲むべきか悩んでいる人は、まずは青汁で改善を考えるのも悪い話ではないのです。今回は、青汁と不眠症の解消の関係について紹介します。

青汁に不眠症の効果がある理由

青汁には、不眠症に効果がある物質が多く含まれています。どういったことで不眠症に効果があるのかといいますと、人間の不眠になる要因を消す効果があります。また、眠りを誘う物質トリプトファンといったアミノ酸も含まれているので不眠症には効果があるのです。最初の、不眠になる要因というのをあげていきます。不眠になる要因は実は便秘です。便秘がある人とない人では、ある人の方が不眠症の割合が多く、眠りの質も浅くなってしまうのです。便秘の時の腸は、ものが詰まっていて腸を刺激し続けている状態になります。腸を刺激し続けるということは、その分、腸が緊張し続けているということになるので、リラックス出来ないのです。これは、風船がずっと膨れていて、パンパンになっている状態が夜中も続いていることになります。緊張を体に強いられている場合は、体の内部の内臓も休めることが出来ないので、結果睡眠の質が落ちてしまうのです。また、十分な栄養も吸収できていないために、体の疲労の回復が遅れるといった問題も出てしまうので、寝ても寝ても眠いといった症状が出るのはこのためになります。次に、トリプトファンは脳内にあると眠気を起こす物質のセロトニンの材料になります。セロトニンはトリプトファンから作られるので、この材料の量が少ないと不眠症になりやすいのです。

青汁で不眠症の改善になる割り方

青汁で不眠症を治す場合は基本的に、不眠症の中でも睡眠効果がある牛乳で飲むのがおすすめになります。牛乳は多くのトリプトファンが多く含まれており青汁の生臭さといった問題を解消してくれるからです。牛乳の有効成分が、青汁の中に入っているこうした眠気に関わる物質を増やしてくれるので、睡眠の質を上げる効果があります。ですが、牛乳を飲めない人もいます。その場合は、おすすめしたいのが、ヨーグルトもしくはハチミツになります。ヨーグルトにも、牛乳ほどではないものの、トリプトファンが豊富に含まれております。そのため、ヨーグルトで割っても不眠症の改善効果があるのです。またハチミツには多くのアミノ酸が含まれており、その中にトリプトファンも多く含まれています。疲労解消効果もあるので、おすすめしたい割り方になります。

青汁のおすすめしたい飲み方

青汁を不眠症の改善に関して飲みたい場合は、睡眠時間の1時間前か、朝起きた時に飲むのが一番おすすめしたい方法になります。夜一時間前の制限を入れているのは、腸が動いてしまうので、体が眠くならないといった問題が出るようになります。腸が動いてしまうと眠りの邪魔になるので、抑えるのがポイントになります。朝飲むといった意味では、体内時計を正確にする意味があるので不眠症に効果があります。しかし、その場合は、常温で飲むことが大切になります。体に急激な冷たい刺激を与えることは大きな体調の不良の問題に繋がります。こうした部分を含めて改善することも大切なポイントになります。青汁の不眠症対策の効果を上げるには大きな要点が必要なのです。

まとめ

不眠症に効果がある青汁は、腸の状態を整えて不眠症を改善する効果、不眠症を解消するトリプトファンが豊富といった特徴があります。毎日飲むことで、体の状態を改善し睡眠を良くする効果があるのです。

関連記事