青汁に関する情報を公開しています。

青汁とニキビ解消

29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_s

10代の思春期や年齢が高くなって出来る症状にニキビがあります。ニキビがあるので人前に顔を出すことが出来ない、化粧の時に肌荒れになるといった問題が起こっていないでしょうか?肌荒れは時に多くの女性を悩ませる大きな問題になり、しまいには心の問題にもなります。今回は青汁とニキビの関係について紹介します。

そもそもニキビってどうして出来るのか?

ニキビの出来る原因を知ると青汁で効果が出る大きなポイントを知ることが出来ます。最初に青汁はニキビの種類の中でも、10代に出来るニキビや年を取って出来るアダルトニキビ両方に効果があります。10代で出来るニキビの原因はホルモンのバランスが乱れることによって出来るとされていますが、同時に血液の中に材料になる中性脂肪が多かったり、砂糖を摂っているとニキビができやすくなります。また、若いからといって炭水化物を食べ過ぎていたり、深夜徹夜する環境の場合は、ニキビが出来やすいのです。最近の10代はこうした生活習慣や食生活の変化からニキビができやすくなっているといいます。ニキビが出来やすい要因を解消することが必要です。また、アダルトニキビの場合は、なおさら食生活と睡眠の乱れによって出来ることが知られています。ホルモンバランスが生活習慣によって乱れがちな日本人にとって大きな問題になっているのです。ニキビ対策はこうした要因を食生活で解消するのが大きな目的になります。

青汁でニキビ対策が出来るポイント

ニキビ対策が青汁で出来るのは、できやすい原因になっている血液を綺麗にする効果と、腸の調子を良くすること、また、肌の生成に役立つ栄養分が豊富に入っているからです。

出来やすい要因は、血液中の不飽和脂肪酸の分解された中性脂肪や糖分です。過剰な不飽和脂肪酸は汗となって外に排出されます。それによって、体の外に出た油分を栄養分にして雑菌が増えるのです。雑菌が増えると、肌のニキビの原因菌のアクネ菌が増えるので、ニキビができやすくなってしまいます。糖分を摂取すると、体の外に出る油分が増えるためこれも禁物なのです。次に、腸の調子を良くすると体の代謝機能が格段に上がります。体の外に中性脂肪を出すために代謝機能が向上するのです。腸の調子が良くなると、有害物質を分解する肝臓の役割も非常に向上します。肝臓は体の解毒を担っていますが、多くの物質を分解したり代謝する必要があります。体に分解すべき物質が多いと、肌に悪影響を及ぼす物質の分解が進まないのです。更に、青汁はビタミンCが多いので、肌の再生力を高めます。正常な組織の再生力が増えることで、肌の質が良くなり、ニキビができにくくなるのです。

ニキビ対策の青汁の注意点

ニキビ対策の場合は、青汁を飲む場合は注意が必要になります。それは、基本甘い味の青汁を飲むのは避けるべきなのです。添加物が入っていない青汁を選ぶのも大きなポイントですが、糖分が入った物で青汁を割るのが危険です。青汁を割るのは、豆乳がベストで、それ以外のものは糖分や油分が多く入っています。そのため、青汁に飲むのは不向きなのです。加えて豆乳は、イソフラボンが入っており肌の状態を整えてくれます。女性でありがたいのは、生理痛の解消にも繋がる可能性があり、悩んでいる方には豆乳割りで飲むと大きなメリットがあります。フルーツジュースやハチミツといったもので薄めるのは避けたほうが無難です。

まとめ

青汁はニキビ解消に大きなメリットがあります。ニキビが出来る原因物質の量を少なくさせ、正常な肌を保つ栄養分が豊富に含まれているからです。糖分や脂肪分が少ない豆乳で飲むとより効果を発揮します。

関連記事