青汁に関する情報を公開しています。

青汁とむくみ

db8f5738d36677c6692396599c6799e9_s

青汁は女性の多くの悩みであるむくみにも大きな効果を発揮します。むくみの根本の原因を知ると、青汁がいかに大きなメリットがあり、解消できる効果が多い飲み物であるかを、より知ることが出来ます。今回は青汁がむくみを解消できる大きな原理に関して紹介します。

そもそもむくみってどうして起こるの?

むくみとはどこの部位でどうして起こるのか?原理を知ると青汁を選ぶポイントになるので、おさらいをしていきましょう。むくみとは、体の中にあるリンパ管に多くの水分が溜まる現象をいいます。このリンパ管ですが、何が流れているのか?それは、体の中で不要になっている過剰な水分や脂肪酸と言ったものが流れています。この過剰な水分が大きな問題になります。では、このむくみですが、朝収まっているのに、夜になるとひどくなってしまうのはどうしてなのか?それは、むくみには、水分の大きな関係性が直結しているからです。水分の排出が非常に上手く行っていないため、このリンパ管に水分が溜まるようになります。このリンパ管に溜まっている水分を循環させ、腎臓によって不要物をこしとる過程や、水分が多すぎる場合は、排出を促す必要があるのですが、この機能がうまく行っていないために、夜水分が溜まりやすくなります。腎臓に送る為の筋肉が疲労してしまい循環機能が劣ってしまうのです。そのため、仕方なく多くの水分がリンパ管に溜まるようになり、むくみが発生するようになります。むくみ解消のポイントは、リンパ管に溜まった水分を循環させることと、水分の排出量を自然と増やす必要があるのです。

むくみの解消のポイント

むくみの解消のポイントは、体内の水分摂取量を減少させることにあります。通常よりも多くの水分を持っていると体がむくむので、こうした状態を解消するのが大きな目的になるのです。その水分を減らすための重要なミネラルがあります。そのミネラルとはカリウムの事を指します。カリウムはむくみ解消には不可欠なミネラルです。その理由は、むくみの原因になる水分の貯留を少なくする大きな作用があります。ナトリウムはカリウムと逆で水分を多く溜め込んでしまうといった性質を持っています。そのナトリウムの量を減らすのでむくみにくくなるのです。現代人は、食事に過度のナトリウムを摂取している傾向があるので、その過剰なナトリウムの摂取を減らすにはカリウムが必要なのですが、カリウムの量が少ないとむくみやすくなってしまうのです。また、太ももの筋肉が凝り固まっていたりすると、下半身の筋肉のポンプの機能が劣ってしまうがために大きな問題が起こります。筋肉を動かしやすくする成分も一緒にとることで、水分の体内の循環が良くなり、むくみが解消されるようになるのです。

むくみの解消につなげる大きなポイント

作られている青汁の原材料には気を配るべきなのです。青汁の中で一番効果があるとされているのが、明日葉の原料になっているものです。明日葉はカリウムが多いので効率よく、水分を追い出すことが出来ます。注意して欲しいのは、カフェイン飲料と勘違いしている人がおり、緑茶の青汁でも良いと思ってしまう人がいます。しかし、カフェインは水分だけ減少させるので、出した水分以上飲んでしまうといった欠点があります。

まとめ

青汁にはむくみを解消できる効果があります。そのメインの成分はカリウムで、カリウムを摂取することで、体内にある過剰な水分とナトリウムを外に出すといったことでむくみを解消することが出来るのです。また筋肉の凝りといった部分にも他の成分が効くので、むくみを消すことができます。一番良いのが明日葉の青汁ですが、カフェインが入っているお茶のものは飲まないほうが無難です。

関連記事